診療案内

口腔内スキャナ
プライムスキャンSerec

オールセラミックを快適・精密なデジタル技術で!
歯科での型取りで不快な気分になったことは、誰しも経験のあることだと思います。
印象材と呼ばれる粘土のような材質で、歯型をとるという手法は、実に18世紀初頭から用いられてきました。
材料の進歩はあれ、なんと300年以上も手法自体は変わってこなかったわけです。
そんな中、この10年で写真や動画技術の進歩に伴い、
お口の中を光学的な撮影によって型取りの代用ができないか、研究されてきました。
そして、現在では、口腔内スキャナといわれる機器によって、
非常に高精度かつ高速で撮影が可能となりました。
これを光学印象、デジタルスキャンなどと呼びます。当クリニックでは、世界初の歯科用CAD/CAMを発売して以来、
30年以上光学デジタル印象を提供してきたデンツプライシロナ社製で、
歯科医が求める「精度・操作性・スピード」を軸に先進の技術を搭載した、
口腔内スキャナの中でも最新かつ最も精度が高いと言われる
「Primescan(プライムスキャン)」を導入し、
できるだけ患者さんの不快感を軽減し、かつ高品質なセミラッククラウンを提供しています。

Point1きれい

金属を使わず上質なセラミックを使用しているため、自然で美しい見た目を再現できます。

Point2安心

天然歯とほぼ同じ強度のため、噛み心地がとても自然です。また生体親和性もあり、身体に負担をかけません。

Point3快適

専用の3D光学カメラを使用して、患部をスキャンして、作製していくので、一般的な型どりの際の不快感がありません。

審美歯科(セラミック治療)

金属で治療すると、どうしても咬み合わせる相手の歯がすり減ってしまったり、最近話題の金属アレルギーを生じる可能性もあります。
セラミックは、人間の歯とほぼ同じ強度と高い生体親和性(身体になじむ性質)を持っているために、身体にとても優しい治療といえます。
さらに、セラミックは金属(保険治療の銀歯)やレジン(保険治療の白いつめもののプラスティック)に比べて歯垢、歯石、歯周病菌やむし歯菌などの細菌がつきにくいという利点もあります。
これにより、治した歯が再びむし歯になったり、歯周病が進むリスクを抑えることが期待できます。
もちろん、審美性に優れ(見た目も自分の歯と近くなります)、レジン(保険治療の白いつめものや前歯のかぶせものに使うプラスティック)のように変色する心配はありません。そのため、セラミックは天然歯に最も近い材料として、高く評価されています。

審美歯科の魅力

  • ● 気になる銀歯を自然な見た目のものに替えられる!
  • ● 周りを気にせず思いっきり笑えるようになる!
  • ● 銀歯がなくなり、自分に自信が持てるようになる!
  • ● 歯ぐきの変色の心配がなくなる!
  • ● しっかり機能し、健康的な歯と体の健康を手に入れられる!
  • ● 一度治した歯がまたむし歯になるリスクを減らすことができる!