診療案内

一般治療General

なるべく削らない、抜かない治療。
むし歯を削って詰めるだけのその場しのぎの治療では、歯を長く持たせることはできません。
歯を残すためにはできるだけ歯を削らない、抜かない治療を行い、
患者さま一人ひとりに合った最適な治療プランをご提案します。
なるべく削らない・抜かない、残っている健康な歯を少しでも多く残す治療に取り組んでいます。

むし歯の原因と対策

むし歯の原因となる3つの要素

むし歯の原因となる3つの要素

むし歯は、歯質、細菌、食べ物の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。
つまり、これら3つの要素が重なる時間が短ければむし歯になる可能性が低く、長ければむし歯ができやすくなるのです。
歯質
歯の強さや唾液の力によってむし歯になりやすいかどうか左右されます。
対策
フッ化物を使った歯質強化。よく噛んで唾液の分泌を促進。 歯科医院でのシーラントによる予防など。
糖分
糖質の中でも特に砂糖を含む食べ物や飲み物がむし歯の発生に影響を与えます。
対策
バランスのとれた食生活。 おやつの習慣、砂糖などむし歯の心配がないおやつの選択など。
細菌
主なむし歯菌はミュータンス菌です。この菌はプラーク(歯垢)をつくり、また歯を溶かす酸をつくります。
対策
ご家庭での歯みがきや、歯科医院でのプラーク除去。 菌の活動をおさえるキシリトールやフッ化物の使用など。