診療案内

歯科用パルス発振型 
Nd:YAGレーザー
インパルス デンタルレーザーLaser therapy

Nd:YAGレーザー治療は患者様本位の治療を目指しています。
20世紀に発明されたレーザーは、今日、医療の分野でも広く活用され始めています。
歯科領域においては安全かつ有効な治療器具として臨床に応用されています。
当クリニックでも、体への負担の少ない最新のレーザー治療を導入しています。

安全な治療を実現する
パルス発振型Nd:YAGレーザー

Nd:YAGレーザーの波長(1064nm)は水分に吸収されにくく、連続波(継続的な照射方法)で照射すると組織内部まで浸透する性質を持っています。しかしインパルスデンタルレーザーは連続波ではなく、パルス発振(瞬間的な照射の繰り返し)の照射方法を採用しているため、照射による組織への熱の深達度を制御することが可能になりました。これにより熱の深達度による影響や危険性の少ない止血、凝固、蒸散、切開を行うことが可能になりました。

幅広い臨床例に対応

インパルスデンタルレーザーは、水分に作用を阻害されることが少なく接触法および
非接触法の使い分けで硬組織と軟組織が複雑に絡み合った口腔内での治療に最適です。

効能・効果〈適用部位〉

生体組織の切開、止血、凝固、蒸散〈歯肉および口腔粘膜(軟組織に適用)〉

適応症

歯肉切除、辺縁性歯周炎、根尖性歯周症、歯肉炎、アフタ性口内炎、メラニン色素沈着など

ほとんどの症例において麻酔を使わずに治療が可能

インパルスデンタルレーザーのパルス発振方式は、1パルスあたりのレーザー照射時間が非常に短く(1/10,000秒−100マイクロ秒)瞬間的な高いピークパルスで効果的に作用しながらも治療による痛みが非常に少なく、ほとんどの症例において麻酔を使わない治療が可能。

レーザー治療例

レーザー光を照射するファイバーの使い分けによって、むし歯だけでなく歯周病など様々な治療に対応可能です。どのような治療に使われているか例をあげていきます。
むし歯予防
初期のむし歯であればレーザー光で除菌できます。さらにフッ化物塗布後にレーザー光を照射することで、むし歯予防の効果も得られます。また、歯質を強化する働きもあります。
歯周病治療
歯周病の原因である歯周ポケット内の細菌をレーザー光の熱作用によって殺菌・消毒します。
根管治療
神経を除去した後の根管内に菌が残っていると歯根の炎症などのトラブルを招きます。レーザー光を照射することで、根管内を除菌します。
知覚過敏
歯の根の先端部分に反応剤(墨)を塗ってレーザー光を照射することで、知覚過敏による痛みを緩和します。
歯肉の黒ずみの除去
メラニン色素が沈着してしまった歯肉に反応剤(墨)を塗ってレーザー光を照射し、黒ずみを解消します。
口内炎の治療
口内炎にレーザー光を照射することで、粘膜を回復させます。