歯ブラシ以外に補助用具をお使いですか?


磨き残しが多いのは、

噛み合わせの溝・歯と歯ぐきの境目・歯と歯の間です。

噛み合わせの溝と歯と歯ぐきの境目は

歯ブラシできれいに磨くことができますが、

歯と歯の間はうまく磨くことができません。



歯と歯の間の掃除には、

歯間ブラシを使う事が効果的です☆

 歯と歯の間のプラーク

歯ブラシだけでは60%程度しか除去できませんが、

歯間ブラシを一緒に使うことで95%のプラークを除去できるんです♪


GUM 歯間ブラシL字型

L字型なので使いやすく初心者の方でも簡単に使うことができます★


新開発の三角毛…毛の側面でプラークをかきとるように落とすので、
                              従来の丸形の毛より効果的に歯間部のプラークを除去することができる。

パワー合金ワイヤー…他の歯間ブラシのワイヤーに比べて耐久性が約4倍!!

臼歯部を清掃しやすい88mmのハンドル…前歯にも奥歯にも無理なく入れやすい。
                                                                      また、滑りにくい六角形形状を採用しているので、
                                                                      無理な力を入れずにしっかりもつことができる。


サイズも
SSSSSSML5サイズそろっています◎

サイズの合っていない歯間ブラシを無理矢理いれたり、


強い力でゴシゴシ磨くと、

歯と歯ぐきを傷つけてしまいますので、


ご自分に合った歯間ブラシを使いましょう



一番小さいSSSサイズの歯間ブラシが入らない時は

無理矢理入れずにデンタルフロス(糸ようじ)を使用してください★


ご自分に合った歯間ブラシがわからないときは、

歯科医院でサイズを合わせますので、気軽にご相談ください☆

また、

歯間ブラシを使用する前に一度使用方法などの指導を受ける事をお勧めします★



歯間ブラシで歯と歯の間のムシ歯予防・歯周病予防をしましょう




 

Comment(7) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています