歯肉のはれや出血は歯肉炎のサイン!

9〜15歳のお子様の55%が歯肉炎になっています!!




お子様が小さい頃は

まだ自分ひとりで上手に磨くことが出来ないので

仕上げ磨きでお手伝いをして

きれいなお口の環境作りをしていくことが大切です


しかし、

お子様が成長するにつれて

仕上げ磨きをする機会が少なくなってきます。



仕上げ磨きをする卒業する9歳くらいから

大人用歯ブラシを使い始めるようになる15歳くらいまでの時期は

きちんとブラッシングが出来ていません。



この年齢層は

習い事や部活などの生活習慣の変化

食事の偏りや時間を決めずダラダラ食べるなど食生活の変化

痛みがないから大丈夫!歯磨きする時間が短いなどブラッシングへの意識の低さ

凹凸の複雑な歯並びによるブラッシングの難しさなどから

歯肉炎のリスクの高まる年齢層でもあります。


歯医者さんに来る子ども達の半分くらいはきちんと歯磨きができていません。

なので、

子どもたちの半分は歯肉炎になっています。

とくにこの年齢層は

歯肉炎にかかりやすいうえに

歯肉炎は痛みがないので気付きにくいんです。



そんな子どもたちの歯肉炎ケアに着目!!


☆大好評genkiシリーズから

《子どものための歯肉炎用歯ブラシ》が発売されました♪


子どもたちのブラッシングをみると

歯の表面だけしか磨けていなかったり、

力を入れてゴシゴシ磨いているという印象を受けます。

なので、とくに目立つ歯と歯ぐきの境目の磨き残しや

磨く力が強いので歯と歯ぐきに負担がかかりすぎています。



genki jは子どものお口に合わせて設計されています☆


ヘッドの幅が広いので接触面積が広く

歯の表面、歯ぐきまでが一緒に磨けます

極細毛なので力が加わっても歯ぐきに負担もかかりにくく

優しく気持ちのいい磨きごごちです。


ハンドルも少し太めでどんな握り方にも適しています。


色も
♣ローズピンク♣

スカイブルー♣

♣フレッシュオレンジ♣

♣サマーイエロー♣


と気分も明るくなるポップなカラー♪



なかなか上手に磨けない!

歯磨きするのは面倒!!


というお子様と

genkiシリーズの歯ブラシはちょっと大きすぎる

という女性の方におすすめです



いままでの口腔内環境がかわるのを実感できますよ♪


FILE0729_5.jpg



















 

Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています